姉の結婚式をiPhoneで記録しました。

一昨日、5月25日は姉の結婚式でした。

私には6歳上の姉がおりまして、この度、姉が結婚するということでその結婚式に出席するため、週末に帰省しておりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私自身は結婚式に出席するのが初めてでした。
厳密には初めてではないのですが、過去に出席したのは5歳くらいのことで、何も覚えていないのです。

ですが、結婚、いいですねぇ~

私の姉もその夫となった方も航空関係の仕事に就いているので、最初から最後まで飛行機尽くしな式でした。
実に二人らしい。

私もサプライズの協力だとか、印刷物の技術協力をさせていただきました。

でも、親族の結婚ということで、楽しめはしましたけど、疲れもしました。
食事も、半分くらいしか食べていませんでしたね。もったいなかったなぁ。。。


さて、ここからはiPhoneの話です。

結婚式の間はiPhoneの動画で全部記録しようと思ってました。
始まる前やお色直し中も動画で撮って、後で見られた方がいいかなと。
たった一人の姉の晴れ舞台ですからね。

そこで、買ったはいいもののあまり使っていなかったスタビライザーを使ってみました。
スタビライザーは、簡単に言えば動画撮影時の手ブレを抑えてくれる装置です。
確かに効果はわかります。使ったと使わなかったでは大きく動画の質が違うことでしょう。
結果的に使ってよかったなと思います。

ただ問題としては、重いです。
私が持っているものは安いもので、iPhoneを併せても1kgほどなのですが、慣れていないので、ただ持っている場合はいいのですが、高く上げている必要が多かったため、かなり腕に来ました。
あと、スタビライザーの特性として、上下を撮りづらいです。
左右の首振りは難しくはありませんが、基本的に水平方向を撮るために使用するので、上下はどうしても撮りづらくなってしまいます。
私が買ったものは上は工夫すればなんとか撮れますが、下を撮るのはなかなか難しい仕様です。

スタビライザーを持っていると、かなり目立ちます。
私が使っていたからか、プロの方も披露宴で持ちだして使っていました(笑)

また、カメラが思った以上にiPhoneの電池を食ってしまいます。
式が始まる前に1分23秒(124MB)と2分34秒(242MB)の動画を撮り、チャペルでは29分(2.8GB)を1本と24分55秒(2.66GB)を1本撮りました。
その結果、披露宴が始まる時には、残り電池残量が20%を切ったことを告げるアラートが出ていました。
それは私の設定ミスでした。Wi-FiやBluetoothを切ったとはいえ、ロック中でもカメラが裏でずっと動いているようにしてしまっていたのです。
本体容量は、音楽や不要なファイルを消していたので、使用可能容量が47GBあったので、容量的には大丈夫だったのですが。。。
モバイルバッテリーとか持っていけばよかったです。

式の終盤になって母もiPhoneであることを思い出し、使わせて頂いたのですが、もっといろんな場面を記録したかったな。
スタビライザーを使っていたせいで拍手ができなかったことと共に心残りです。

今後は、せっかくMacも持っているので、親族が撮った写真なども集めて動画を作ってみようかなと思っています。


ということで、
姉の結婚式があった話と、iPhoneでそれを撮ってみたという話でした。


ちなみに、下のが今回使用したスタビライザーです。
マニアックですが、撮った動画を見ても、なかなかいい製品だと思いますよ。
Manfrotto スタビライザー マルチ・ビデオスタビライザー MODOSTEADY 585-1 Manfrotto KLYP+ iPhone5/5S用バンパー ブラック MCKLYP5S-B


このエントリーをはてなブックマークに追加